育児ブログ・第3話「コロナ下出産のリアル(後編)」

育児ブログの一覧を見る

【前回のあらすじ】(→前編を読む
予定日より16日早い平日の昼下がり、産院に到着して1時間後に3,214gの三男が生まれました。


コロナ下では過去2回の出産とちがって夫の立ち会いもできません。
それでも私なりにイメージトレーニングをしたり出産が楽になる呼吸法やエクササイズに取り組んだりして、前向きな気持ちで出産に臨もうと思っていました。
が、想像以上に怒涛の勢いで出産を終えてしまったのでした。

なにしろ、産院の玄関をくぐってから1時間後ですから、
「もうすぐ赤ちゃんに会える」とか、
「陣痛は怖いものではなく赤ちゃんに会える嬉しいもの」などと、
考える余裕はまったくありませんでした(笑)

考えていた(というより感じていた?)ことはひとつです。
3回目の出産でも痛いものは痛い。出産にベテランとか慣れとかない!!
です。 

産後もこれまでの2人とはまったく違い、
・出血が止まらない、
・骨盤が開いて自力で立てない、
・身体が思うように動かないので産まれたばかりの我が子を抱っこできない!(TдT)
などで、分娩台からその後8時間動けず。
笑えるくらい本当にボロボロでした。今までは出産直後でもスタスタ歩けていたのに(^_^;)

 

でも、私にとっては2年半ぶりの新生児。その可愛さや愛しさは「最強」でした!
「赤ちゃんてこんなに小さかったっけ…!?」
「ひとつひとつが小さくて…でも、でもしっかりと生命力に溢れている!」
見ているだけで泣きそうになる不思議な感覚は赤ちゃん特有です。

これでいよいよ私も三兄弟のママになりました。
よく言われるように、三兄弟の育児は大変かもしれません。でも今はそれ以上に楽しみの方が勝っています! 子どもたちがどんな成長を見せてくれるのか、退院後が楽しみでワクワクします。

にしやま さき

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元気のもりの公式SNSのアカウントはこちら。フォロミー。

TOPへもどるTOPへもどる