ブログ◆子育てフェスタと復興の狼煙

東日本大震災絡みのお話ばっかりで恐縮です。なんのサイトなんだうちは。子育て支援施設の公式サイトです。
でも「震災」は子育てにとって大切な話題だと考えております。震災10周年からちょっとズレた時期にあえて取り上げると、ちょっとだけ記憶に残りやすい気がするんです。どうぞお許しくださいね。


ふと「復興の狼煙ポスタープロジェクト」のことを思い出しました。

ポスターの雰囲気をざっと見るなら下記を。
▶Google画像検索(「復興の狼煙ポスタープロジェクト」で画像検索

 

「復興の狼煙ポスタープロジェクト」は、震災直後(2011年4月)から始まり、ポスターの販売や展示を通じて義援金を集めたり、メッセージを伝えたりしたものです。経緯は「greenz.jp」というサイトに詳しくあります(こちら)。本プロジェクトの公式Twitterアカウントで初めての投稿がなされたのは確か2011年4月16日でした。ちなみにその投稿は今は見ることができません(削除された?)。

 

当館でもこれらのポスターを掲出したことがあります。子育てフェスタで。

フェスタの実行委員会の中に故郷が被災した方がいて、その方のたっての希望でした。
「ポスターを掲出するほか、ポスター画像をスライドショーにしてモニター上に表示することができないか」とプロジェクト側に連絡をとりました。フェスタの趣旨をご説明すると快諾をいただき、2012年と2014年にポスターを紹介することができしました。

フェスタでは毎年震災を取り上げてきました。東日本大震災発生から5年を迎える2016年までではありましたが、ポスター掲出のほかにもメッセージを届けたり現地のラジオに生出演したりしました。
支援としてはささやかではありますが、フェスタの来場者の皆様と震災を考える機会としたかったのです。なぜ考える機会が要ると思ったのかは、先日のブログ「東日本大震災から10年~若い方にお伝えしたいこと」に書いた思いと重なるので割愛します。よければそちらもご笑覧ください。

なお、「子育てフェスタ」の目的のひとつは「人々やその思いをつなぎあう」です。
その目的を推進するためにただいま「WEBで!子育てフェスタ」を開催中です。ぜひアクセスしてください。3月31日までです。

 

最後になりましたが復興の狼煙のポスター凄いですよね。言葉や写真、アートの底力を感じます。
生きようと思う。

かんだむつみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたとつながりたい。そんな元気のもりの公式SNSのアカウントはこちら。フォロミー。

TOPへもどるTOPへもどる